【ネタバレ】『最愛』犯人は藤井か梓か?昭殺害の真相を考察する

【ネタバレ】『最愛』犯人は藤井か梓か?昭殺害の真相を考察する
拡大する(全1枚)

ただ誰もが自分の「最愛」の人を守りたかっただけだった。


前半戦最大のクライマックスを迎えた『最愛』(TBS系/毎週金曜22:00~)。それは、人が人を想う愛の強さと美しさにただ涙する回だった。


達雄の告白が、大輝を変えていく


これだけすごいものを見せられたときに、あれこれと言葉を重ねることは、もはや野暮とすら思える。警察の追跡を振り切り、優(高橋文哉)と高速バスに乗って故郷・白川郷へと帰った梨央(吉高由里子)。そこからのドラマは、ながら見なんて絶対させない、すさまじい引力があった。


最大の山場は、学生寮のシーン。達雄(光石研)のパソコンから、父が残した告白を見つけた梨央と優。そこへ駆けつける大輝(松下洸平)と桑田(佐久間由衣)。容疑者と刑事。お互いの距離を象徴するような回廊。優を捕えようとする桑田を、大輝は頭を下げるようにして制止する。刑事としての職務を逸脱する行為だ。でも、そうするしかなかった。大輝にとってもまた優は弟のような存在だった。睨みつける桑田に向けた大輝の顔は、精悍な刑事のそれではなくて、たとえ愚かであっても「最愛」の人のために何かしてやりたい無力な男の顔だった。


思えば、この5話をかけてずっと大輝は揺れていた。山尾(津田健次郎)にイヤホン男は優と同一人物かと迫られたとき、「確証持てません」と大輝は答えた。嘘をつくつもりはなかっただろう。ただ、言葉通り、本当に確証が持てなかった。この忌まわしき事件に、あんな無邪気だった優が関わっていることを。そして、それを梨央が庇おうとしていることを。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

梓のプロフィールを見る
PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「梓」に関する記事

「梓」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「梓」の記事

次に読みたい「梓」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク