【ネタバレ】『つまり好きって言いたいんだけど』瀬那と雪乃の急接近に焦る千歳

【ネタバレ】『つまり好きって言いたいんだけど』瀬那と雪乃の急接近に焦る千歳
拡大する(全1枚)

ブレイク寸前の注目俳優・藤代瀬那(櫻井海音)の担当マネージャーに千歳(大原櫻子)が戻ることになり、加賀見(東啓介)とタッグを組むことになった『つまり好きって言いたいんだけど、』(テレビ東京ほか)第7話。


今最も注目されている映画監督が手がける新作映画の主演のオファーが瀬那に舞い込む。小説家の主人公が記憶喪失の元恋人との愛を取り戻そうとするストーリーで、その元恋人役を演じるのが白川雪乃(森田望智)だ。


森田は『全裸監督』(Netflix)でのヒロイン・黒木香役から一気に知名度を上げ、『恋する母たち』(TBS系)での女性弁護士役や、現在放送中の『言霊荘』(テレビ朝日系)で見せた医師・麻美役での女の情念が憑依したかのような怪演のインパクトも強い。一方で、朝ドラ『おかえりモネ』(NHK総合)では、ヒロインの先輩気象予報士役を好演し、当時24歳とは思えぬ落ち着きぶり、頼もしさを見せつけ、これまでと全く違う印象を与えた。


本作での作中作品『アムネジアフラワー』での記憶喪失の女性役も女優・雪乃役も見ものだし、千歳にとってはおそらく彼女が栗尾あゆみ(松井愛莉)の次なる恋のライバルになるのだろう。


以前は"現場に千歳がいたら頑張れる""千歳がいないと本調子が出ない"とこぼしていた瀬那だったが、千歳が加賀見と話している姿を見れば苛立ち、千歳の声かけも冷たくあしらってしまう。千歳も同じく、瀬那のラブシーンを直視できず、どうにも仕事に身が入らないようだ。なかなか今の2人の現場でのコンビネーションはイマイチで、しかも仕事にも支障が出てしまっている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

大原櫻子のプロフィールを見る
PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大原櫻子」に関する記事

「大原櫻子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大原櫻子」の記事

次に読みたい「大原櫻子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク