【ネタバレ】『じゃない方の彼女』優柔不断な男と魔性の女子大生に近づく危機

【ネタバレ】『じゃない方の彼女』優柔不断な男と魔性の女子大生に近づく危機
拡大する(全1枚)

企画・原作を秋元康、演出を三木康一郎が手掛ける "不倫コメディ"『じゃない方の彼女』(テレビ東京)の第9話が12月6日に放送された。冒頭では雅也(濱田岳)が困り果てた様子で先輩・片桐(山崎樹範)に相談していた。片桐は、相手にグイグイ来られて仕方なくという雅也の中途半端な優しさを指摘し、「覚悟もないくせに断らなかったお前の責任だ」と言う。


実はこれ、怪我をした教授のかわりに、雅也が入試問題の差し替えを頼まれた話なのだが、片桐はその状況と、雅也と妻・麗(小西真奈美)、雅也の道ならぬ恋の相手・怜子(山下美月)がバーベキューで一緒になった地獄の展開を引っかけ、イジってくるのだった。そして、片桐と共に、山奥の旅館に泊まって差し替え作業をすることになる。


正直、この流れは「修羅場の設定」以外に必然性がまるでわからない。だが、ドラマ自体が、「相棒」「不倫ボーイズ」とはしゃぐ片桐のノリに強引にのせられるかのように進んでいく。雅也の「じゃない方」力は、実は主体性のない相手任せのズルさで、不倫の進展に関しても他者のレールにのるカタチで進んでいくのだった。


一方、怜子は友人・彩菜(東野絢香)に雅也との仲を勘づかれ、「自分がしてること、わかってるの?」と問いただされていた。しかし、彩菜は怜子が悩む様子を見て、本気で好きなら止めないと言う。そこで背中を押されたのか、怜子は雅也に連絡。雅也が旅館にいることを知ると、突然差し入れを持って、訪ねるのだった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク