【ネタバレ】『つまり好きって言いたいんだけど』ぶれない瀬那の千歳への思い

【ネタバレ】『つまり好きって言いたいんだけど』ぶれない瀬那の千歳への思い
拡大する(全1枚)

「気付いてる? 俺はもうずっとちーちゃんに本当のことしか言ってないんだよ。それなのに今度はちーちゃんが嘘ばかりついてる。じゃあ、俺にあの映画に出て欲しいって言ったのも嘘だったの?」
「どこまでが嘘でどこからが本当か分からなくて振り回される気持ち、少し分かったような気がするよ」


ブレイク寸前の注目俳優・藤代瀬那(櫻井海音)とマネージャー・冴島千歳(大原櫻子)の立場がすっかり逆転した『つまり好きって言いたいんだけど、』(テレビ東京ほか)第10話。


確かに瀬那の指摘通り、ここのところ彼自身は全く嘘をついておらず、代わりに千歳が本心を隠し不自然にごまかすことばかり増えてきている。


そんなこともあって何となく釈然とせず不穏な空気を抱えたまま迎えた世界的巨匠フォニーニ監督の映画の顔合わせ。そこに現れた憑依型女優・白川雪乃(森田望智) は全くの別人で、その場に居合わせた者はまた面食らわされる。これまでになく地味な装いに挙動不審で、瀬那と目も合わせられない。しかしどうやらこれが何の役も入っていない雪乃本人のようだ。


瀬那と雪乃のW主演映画は、2人の男女が惹かれ合う台本のない愛のドキュメンタリーでクライマックスにはベッドシーンが待ち受ける。2人にはそれぞれ自分の役柄の設定のみ明かされるため、その設定だけを守った上であとは自分たちで物語を進める他ない。瀬那演じる大学生と雪乃演じる銀行員の2人が廃墟に閉じ込められた状況から脱出を図るという極限状態が描かれるようだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

大原櫻子のプロフィールを見る
PlusParaviの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大原櫻子」に関する記事

「大原櫻子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大原櫻子」の記事

次に読みたい「大原櫻子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク