【ネタバレ】『メンタル強め美女白川さん』好きな人からの恋愛相談にモヤモヤ
拡大する(全1枚)
20220418_shirakawasan_review_01.jpg

異性からも後輩からも尊敬されるのは嬉しいけれど、尊敬だけだと物足りない。尊敬もされたいけれど、愛されもしたい。『メンタル強め美女白川さん』(テレビ東京ほか)第2話で描かれる先輩社員の梅本カンナ(秋元才加)が抱えるモヤモヤも、仕事をするアラサー女性には身に覚えのあるものだろう。



自分が好意を寄せる同期の松井(庄野崎謙)は、自分とは正反対のタイプの白川さん(井桁弘恵)のことが好きで、あろうことか白川さんへの恋心を相談されてしまう梅本さん。思わず彼女の粗探しをしようにも、仕事も出来てしまい、最近ではどうやら町田さん(野呂佳代)とまで仲が良く、白川さんと親しくなった後の町田さんはこれまでのようにこちらの顔色ばかりを伺ってくることもなくなり、何だか一皮剥けて楽しそう。それも面白くない。



しかし、"自分はこう"という思い込みからなかなか抜け出せないのは、町田さんだけでなくどうやら梅本さんも同じだったようだ。全くタイプが違うように見えても、実は2人が囚われていたものが同じだというのも興味深い。自分だって可愛げのあるネイルを施し、好きな男性にも甘えてもみたいが、これまで築いてきた"自分"がそれを許さない。



散々人に言ってきた嫌味が、周囲に向けてきた穿った捉え方が、翻って自分の自由やちょっとした挑戦までも制限してきて足枷になる。自分で自分の首を絞めてしまっている。ひねくれた自分自身に何より疲弊してしまう。わかっているのに、だけど今さらやめられない。そんな梅本さんの不器用な強がりが、自分を守ろうと相手に対して思わずチクリと出してしまう刺が、回り回って自分自身に刺さり、息苦しそうだし辛そうだ。