【ネタバレ】『メンタル強め美女白川さん』まるで光と影?同期の白川さんと谷口さん
拡大する(全1枚)
20220425_shirakawasan_review_01.jpg

周囲に上手く馴染めないタイプにも2種類いる。本人としては何も意識せず振る舞っているのになぜか良くも悪くも目立ってしまい賛否を巻き起こし「出る杭は打たれる」タイプと、そもそも周囲の目に留まらないタイプ。



『メンタル強め美女白川さん』(テレビ東京ほか)第3話でフォーカスされた無敵メンタル白川さん(井桁弘恵)の同期・谷口さくら(藤野涼子)は、後者だ。女同士の陰口やらマウントやら仲間外れやら馴れ合いやらを「ほんとくだらない」と言い捨てながらも、むしろ彼女こそその輪に自身が入ることを心のどこかで切望しているようにも見える。



自分と同じく"くだらない女社会に順応できないししたくもない"タイプだと思っていた白川さんは、もちろん圧倒的前者で、周囲から悪口も受ける一方で嫉妬や羨望、注目をかっさらっていく。そんな白川さんといると、より一層周囲からの自分自身への無関心が突き刺さる。素直に「あなたみたいになりたい、羨ましい」とは言えず、少しでも白川さんの真似をしようものなら「同類って勘違いしてるの?イタい」と周囲からの冷めた視線に晒される。自分にないものばかりをまざまざと突きつけてくるかのような白川さんといると自身の惨めさがより一層浮き彫りになり彼女を避けるようになった谷口さん。



これぞ正しく女同士のくだらなさとも言えるが、彼女は自身の中にある"くだらなさ"は直視できないのだ。とは言っても、"見た目は全然違うけど抱えている孤独は一緒"で最も近くにいると思っていた存在が、実は自分とは程遠いところにいたことを事あるごとに周囲から植え付けられれば、筋違いだとはどこかでわかっていながらも、白川さんのこと自体が憎らしく見えてきてしまうのもわからなくはない。