【ネタバレ】『メンタル強め美女白川さん』先輩・後輩の悩みを優しく包み込む白川さん
拡大する(全1枚)
20220501_shirakawasan_review_01.jpg

「どうしよう、私の声誰にも届いてない。え、私いてもいなくても同じ・・・」



存在感が薄く、印象に残りづらく取引先にもなかなか名前を覚えてもらえない。声も小さく自信のなさも相まってどうしたってオドオドしたように見えてしまい、それがさらに先輩社員・梅本さん(秋元才加)や周囲のイライラを買ってしまう。さらに梅本さんからの辛辣な指摘に萎縮してしまうという悪循環に陥る。"自分の一番好きなところ"を聞かれても隠したいところだらけで自分の好きなところなんてないと即答する新入社員・朝比奈林檎(東野絢香)。



「白川さん(井桁弘恵)みたいになりたい」と願い、彼女に強い憧れを持つ朝比奈さんに、自分だけが持つ"ギフト"について気づかせ"自分らしさ"の魅力を何とかして伝えようとする無敵メンタル白川さんの姿が見られた『メンタル強め美女白川さん』(テレビ東京ほか)第4話。



白川さんになるために、慣れないヒールを履いてぎこちない足取りで出社し、メイクも全体的に濃いめで似合っているとは言い難い。ちょっとした背伸びの域を超えて明らかに無理をしている朝比奈さんをそっと呼び出し、白川さんは優しく声を掛ける。自分のメイクにまつわる失敗談を話し、「誰だってはじめは初心者なんだもん。仕事も一緒だよ。一歩一歩できることから」と。



そして、彼女がコンプレックスだと明かした名前通り林檎のように真っ赤なほっぺを"天然のチーク"と言い換える。「その名前もほっぺも林檎ちゃんだけがもらったギフトだよ」と言って、メイクのコツとして「無理に隠そうとしないこと」を挙げた。