【ネタバレ】『村井の恋』先生のほっぺたを食べたい!? 田中の兄との対決に村井が奮起!
拡大する(全1枚)
20220504_murai_01.jpg

髙橋ひかるが主演するTBSドラマストリーム『村井の恋』の第4話が放送。前話、夏祭りで村井(宮世琉弥)と村井の幼なじみ・弥生原菜乃華)が手をつないで歩いているところを目撃し、動揺してその場から逃げて去るも、村井に追いかけられ、逃げた先で転びそうになったところを助けられて2人は急接近! そんななか、騒がしい声を聞きつけて山門が近くにやってきて2人はピンチに。村井は、田中の手を取って一緒に逃げるのだった。そんなドキドキの展開から、村井が田中の「ほっぺたを食べたい」という衝動に駆られるとは!


その後、うまく山門を振り切った村井は田中にすぐに戻ると伝えてその場を離れてしまう。田中は恋する乙女ゲーム「恋する戦国絵巻」の忍者キャラクター・春夏秋冬(ひととせ)との出会いのことを思い出していた。大学に入学するも生きる意味を失っていた田中は、ふと街で目が合った春夏秋冬に心を奪われる。春夏秋冬の瞳が、田中の数少ない友人の瞳にそっくりだったからだ。やはり田中の心にずっと残る"友人"の存在が気にならずにはいられない。


村井が持ってきたお面をかぶって、村井と一緒にいる田中。その姿を村井に笑われ不本意ながらも、田中は村井がこんなにも笑う人だったのかと知るのだった。そして、まるで2人を祝福しているかのように花火があがる。来たかった夏祭りで村井と一緒にいる田中は、お面の中でどんな表情をしているのだろう。嬉しそうな顔を浮かべていたらいいなと、見ているほうがほほ笑んでしまうようなシーンだった。