【ネタバレ】『寂しい丘で狩りをする』バースデーサプライズに震撼!
拡大する(全1枚)
20220506_samishiioka_01.jpg

倉科カナが主演するテレビ東京のドラマ『寂しい丘で狩りをする』の第2話が放送。



恋人で刑事の浅野(平山浩行)からプロポーズを受け幸せいっぱいだった探偵のみどり(倉科カナ)。そんななか、みどりは図書館司書の敦子(久保田紗友)の依頼を受け、敦子を強姦した罪で服役していた押本(丸山智己)の出所後の動向を調査。押本が敦子への復讐を企てていることが分かるも、敦子の身を守ることは警察の手にゆだねるしかなく、みどりはなすすべなし。そんな折、みどりにDVやストーカー行為を行ってきた元交際相手でカメラマンの久我(竹財輝之助)がみどりの部屋に侵入し、写真集を出そうとヌード撮影を強要。身勝手な男たちの魔の手が、みどりや敦子に忍び寄っていた。



えも言われぬ緊迫感と、みどりと敦子が感じる恐怖に、見ている方もゾッとせずにはいられない本作。第2話では、2人の身にさらなる危険が迫る。



7年前、敦子が警察に通報したことを逆恨みし続ける押本は、あらゆる手段を使い敦子の居場所を探っていた。みどりは警察に相談するよう忠告するが、すでに警察に相談したものの「事件にならないと動くことができない」と言われてしまった敦子は、不安の日々を送っていたのだ。「探偵ができるのはここまでなんです」と無念の思いで調査報告を渡すみどり。敦子は自分の身を守るため、体を鍛えていると強がるが・・・。その晩、みどりは再び久我がいないかと警戒しながら帰宅。久我の姿こそ見えなかったが、「ダイエット頑張ってね」という手紙と交際していた頃の写真、サラダが置かれていた。久我のみどりへの執着が垣間見え、ゾッとせずにはいられない。