【ネタバレ】『マイファミリー』誘拐事件またも解決!?温人と犯人の"関係"
拡大する(全1枚)
20220510_mf_01.jpg

人生最悪の事態に見舞われた家族の絆が試される、二宮和也主演のノンストップファミリーエンターテインメントドラマ『マイファミリー』(TBS)の第5話が、5月8日に放送された。友人・三輪(賀来賢人)の娘・優月(山崎莉里那)が誘拐され、交渉人に選ばれた温人(二宮和也)。今回も警察には知らせず自分たちのみで交渉することに。


三輪と元妻・沙月(蓮佛美沙子)は自宅で犯人からの連絡を待っていた。同じ不安を抱いているにもかかわらず、二人の心は遠い。元夫を「他人」呼ばわりする沙月だが、三輪の浮気が原因で離婚したことを考えると、そう言いたくなるのも仕方ないだろう。


一方、元刑事で、温人の友人の東堂(濱田岳)は、葛城刑事(玉木宏)と接触していた。葛城は、温人の娘・友果(大島美優)と、東堂の娘・小春(野澤しおり)の事件を同一犯と疑い、上層部から煙たがられているという。事件解決のためなら何だってやるという葛城の言葉は、友果の事件の際には悪者のように響いたが、小春救出のためにあがき続けている東堂にとっては頼もしく聞こえたのではないだろうか。


ついに犯人から連絡があり、指定場所へと急ぐが、犯人は次々に別の場所へ誘導する。痺れを切らした三輪は、取引場所を問いただし、遠足に行った場所でも、初めて行った遊園地でも、初めてポニーに乗って泣いた場所でもどこでもいいぞと息巻く。娘のことを把握していないことで涙をのんだ温人と東堂と違い、娘のことを熟知している三輪。離婚で娘と離れた分、より想いが強まっているのかもしれない。