【ネタバレ】『持続可能な恋ですか?』"夢"を諦められない杏花と諦めた晴太
拡大する(全1枚)
20220512_jizoku.jpg

上野樹里主演、田中圭松重豊らが出演する『持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』(TBS)の第4話が5月10日に放送された。ヨガインストラクターで結婚願望のない主人公・沢田杏花(上野樹里)が、妻に先立たれた父で辞書編纂者の日本語学者の林太郎(松重)と共に婚活にチャレンジする姿を通して、現代の様々な結婚観を描くオリジナルラブストーリー。今週は「夢」そして「頑張る」という言葉が突き刺さって来る回となった。


独立を目指して頑張る杏花だが、ある日、ヨガスタジオの社長(柚希礼音)からマネジメントを任せたいと言われ、心が揺れる。スタジオの拡大により、一人ひとりと向き合えなくなる不安を漏らす杏花に、社長は会社に残ったほうがプライベートな時間がとれると勧めるのだ。


一方、明里(井川遥)のクリニックへの通院が終わり、寂しい思いをする林太郎に、明里からときどきウォーキングを一緒にしようという誘いが。林太郎にとっては健康増進、明里にとっては婚活の相談相手ということのようだが、ときめきを感じる相手に「何を話しても大丈夫だと思ってしまう」と言われるのは正直、複雑な心境だろう。


その頃、社長からのオファーに心揺れる杏花に晴太(田中)はロールモデルとして、パーソナルジムを営む女性起業家・足立(MEGUMI)を紹介する。しかし、そこはカップルジムで、晴太と共に体験し、起業の話も聞いた後、杏花は今の迷いを口にする。すると、晴太の顔が曇る。