【ネタバレ】『インビジブル』安野殺害の犯人は?"本当の悪"とは何かを考察する
拡大する(全1枚)
20220515_inv_01.jpg

真の"インビジブル"は、キリコ(柴咲コウ)の弟だった。シークレットキャスト・永山絢斗の登場で沸いた『インビジブル』第5話。物語は、誰も予想のつかない方向へと進みはじめている。


悪とは何か。志村と安野の最後の会話が意味するもの


やはりキリコは"インビジブル"ではなかった。キリコの目的は、本物の"インビジブル"をおびき寄せること。そのために、ハナカマキリのように"インビジブル"に擬態していた。彼女がずっと探していたのは、弟のキリヒト(永山絢斗)。彼こそが、真の"インビジブル"だったのだ。


武入(鈴之助)が安野殺しを偽証したのは、"キリシマ"という偽名を騙ったキリヒトに依頼されたからだった。報酬に目が眩んだ武入は、キリヒトの策に乗り、用済みとなって処分された。すべては、キリコが持っているデータチップを手に入れるため。データチップには、アメリカの"クリミナルズ"のリストが入っているという。そんなものを使って何をする気なのだろうか。


そもそも"インビジブル"の目的自体が今いちよくわからない。"クリミナルズ"を指揮して犯罪を起こす。その先に描いているビジョンは何なのか。ただの快楽か、それとも社会に対する提言なのか。なぜキリヒトが"インビジブル"になったのかを含めて、後半戦はこのあたりが描かれていくのかなと思う。


そこを考える上でもヒントになりそうな会話が、この第5話にはあった。それは、志村(高橋一生)が死の直前の安野(平埜生成)と交わした最後の会話だ。「悪って何なんですかね」と問う安野に志村はこう返した。