【ネタバレ】『吉祥寺ルーザーズ』翠に恋の予感!のはずが相手はまさかの・・・?
拡大する(全1枚)
20220519_losers_review_01.jpg

桜(田中みな実)が呪いから解放された『吉祥寺ルーザーズ』(テレビ東京ほか)第6話。



パチンコ大好き・ギャンブル依存症の翠(濱田マリ)に何か新しい趣味を始めるように勧めるルーザーズの中、"恋愛"のために"マッチングアプリ"を提案するのが何とも桜らしい。思いの外、アプリにハマった翠が、マッチングした相手の取引先の雑誌編集者・町田(坂本昌行)をシェアハウスに連れてくるのだが、その先に待ち受けていたのはなんと離婚調停中の夫婦の再会だった。そう、この町田が桜の離婚調停中の夫だとは、何とも世間は狭い。



"離婚したくても旦那が合意してくれないから"とは桜側の言い分だが、これもどうやら事実ではないようだ。「モテないよ!」が口癖の桜は第2話で自分のこれまでの血の滲むような努力について口にし、不満を露わにしながら沸騰寸前のケトル状態だった。その際にも「こうまでして頑張ってたんだよ、私」と訴える彼女の姿はどこか悲痛で、頑張っても頑張っても満たされない、努力ではどうにもならないその不足の正体が今回明かされた。



地味な専業主婦の母親に育てられた桜は、おしゃれに気を遣ってもらえず、ずっと地味グループに所属していたと振り返る。自身のことを"水面に浮かぶ汚れた桜"だったと言い、大学入学を機に"上に咲いている綺麗な桜"になることを心に誓ったようだ。それが彼女の場合には「お洒落で完璧な女になること」だった訳だ。



しかし、それではいつまで経っても彼女の"幸せ"の基準は相対評価でしかなく、他人からの評価軸に頼ることになってしまう。さらには"完璧な女"などどこにも存在しない訳だから、空想の産物を追い求める桜の追求に終わりは来ない。"もっともっと努力しなければ・・・"と、時に自分の本音に嘘までついて自身を塗り固め、がんじがらめにしてしまっている。