【ネタバレ】『寂しい丘で狩りをする』守られてきた敦子が今度はみどりを守る!?敦子が押本とついに対峙
拡大する(全1枚)
20220523_samishiioka_01.jpg

倉科カナが主演するテレビ東京ドラマ『寂しい丘で狩りをする』の第5話が放送。



カメラマンの久我(竹財輝之助)が行方不明になったニュースが世間を駆け巡る。そんななか、敦子(久保田紗友)の行方を捜すために探偵・みどり(倉科カナ)の元に押本(丸山智己)がやってくる。押本は港に行った久我とみどりを尾行、何かが水に落ちる音を聞き、みどりが一人で戻ってきたところを目撃。みどりが久我を殺したと言って、刃物を突きつけ敦子の居場所を聞き出そうとする。だが、みどりは「一緒にいたところを見ただけで脅されても・・・」とひるまず、押本を撃退しようとする。そこへ人が通りかかり、押本は逃亡。



「一度狩る側になったら、狩り続けなければいけない」



強い覚悟を感じさせるみどりの目にゾクッとさせられる。みどりは押本の上着にGPSを忍ばせ、動向を把握。入院中の敦子の身も案じ、GPS付きの携帯を持たせた。そんな折、ニュースを見た敦子に、久我のことを聞かれたみどりは「恋人だった、とも言いたくないかな」と伏し目がちに語りながら、自分の過去を明かす。みどりも敦子と同じ被害を受けていたのだ。それを知った敦子が、自分からみどりの手を握るシーンが印象的で、敦子の心の変化も感じられた。



一方、みどりの恋人で刑事の浅野(平山浩行)は、久我の車が見つかり、その助手席にみどりがいたことを知る。その後、浅野に呼び出されて家に行ったみどりは、まるで浅野のからの言葉を遮るかのように、浅野を求めるのだった。それでもやはりみどりと久我のその後の関係が気にならずにはいられない浅野の問いを、はぐらかすみどり。だが、久我がいなくなってもその存在はみどりを脅かす。敦子にも言っていたように、みどりが久我から受けた恐怖は、どんなに忘れたいと願ってもふとした折に再び襲ってくることを思い知らされる場面だった。