世界的ファッションデザイナー森英恵さん「もの作りへの想い」 / 始まりは米国で見た日本製の粗悪な格安シャツ

世界的ファッションデザイナー森英恵さん「もの作りへの想い」 / 始まりは米国で見た日本製の粗悪な格安シャツ
10月18日、明治神宮参集殿で世界的なファッションデザイナーの森英恵さんと、そのお孫さんでモデル・タレントの森泉さんが「森英恵、その人生で見たものとは。」をテーマにシンポジウムを行ないました。

主催は、社団法人三世代生活文化研究所。「三世代を『つなぐ』。ファッションによる交流」をテーマに、第一部ではこのシンポジウム、第二部ではおばあちゃん世代のグランマモデルと孫世代のモデルによるファッションショーという構成で行なわれました。

第一部のシンポジウム、「森英恵、その人生で見たものとは。」は森英恵さんのもの作りにかけてきた想いが伝わるものでした。その内容を紹介します!

■女性を美しく見せるための服を女性の私が作りたいと思った
戦後、自分のほしいもの、子どもに着せたいと思うものがなかったということと、手で作ることに興味があったことからデザイナーを始めた森英恵さん。次第に映画に衣装提供ができるほどに実力がついてきて、1965年に初めて海外に飛び出しました。

向かった先はパリ。オートクチュール全盛期。そこで見たものは、シャネルの作った服の魅力。他のデザイナーは全て男性でシャネルだけが女性だったのでしたが、はっきりとシャネルの服は違うと感じたそうです。

「男性のデザイナーが作った服を着ているのは服が美しく見えたんです。でもシャネルのものは服が光るのではなく、モデルが光る。女が作る女の服は違う。女性を美しく見せるための服を作りたいと思いました」と森英恵さんはいいます。

あわせて読みたい

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る 2013年10月22日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。