【ずぼら栄養士の15分ご飯 Vo.1】自炊はやせる。ビタミンDたっぷりの「いくら丼セット」でイライラも阻止せよ!

【ずぼら栄養士の15分ご飯 Vo.1】自炊はやせる。ビタミンDたっぷりの「いくら丼セット」でイライラも阻止せよ!
冬の間はもこもこの洋服で隠していたけれど、暖かくなってくると気になってくるのが体のゆるみ……。この脂肪、どうしよう……とお悩みの皆さんにオススメなのが、「自炊」です。

自炊、してますか? めんどくさいよねー、年度始めだし忙しいし。でも自炊のほうが圧倒的に痩せやすいと、管理栄養士の川村郁子さんは言います。

「外食って野菜が非常に取りにくいんです。自炊だと、自分に必要な栄養素を取りやすくなります。栄養素がたりていないと痩せたとしてもやつれてしまいますし、いろんな栄養素をとるほうが代謝が良くなるのですよ」

アラサーにとって「やつれ」は「ぽっちゃり」よりもNGでは? ということで、川村郁子さんとともに考案した、忙しい皆さんでもスタートできる、作業時間15分かつ女性にうれしい栄養素がたっぷりのレシピを紹介します。

■今回の献立のポイント!
郁子さん:

今回紹介するのは、「鮭といくらの親子丼」と「白菜とわかめのお吸い物」のセット。いくらにはビタミンDがたっぷり含まれるので、カルシウムの吸収を助けイライラを抑制します。また、ビタミンDをよくとると、免疫力ががって風邪をひきにくくなると言われています。

ダイエットカウンセリングをしていて気づいたのですが、よく食事に気をつけている人でもビタミンDは不足している傾向にあるようです。なので、ときどきいくらを食べるのはオススメ。また大葉のブテオリンには花粉症にも効果あるといわれています。

あわせて読みたい

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る 2014年4月8日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。