プルトニウムやウランなど放射性物質の名前の由来は?

       

ウラン、プルトニウム、セシウム……震災後、連日のようにニュースで流れてくるため、残念なことに身近な名称となってしまいました。

ところで、これらの元素名の由来や語源にはどういう意味があるのでしょう。主要な元素について簡単に調べてみることにしました。

■ウラン【uran】
アクチノイドに属する天然放射性元素。1781年にウィリアム・ハーシェルにより発見された天王星(Uranus)が語源となっています。名称のUranusは、ギリシア神話における天の神ウーラノスのラテン語形。

■プルトニウム【plutonium】
アクチノイドに属する超ウラン元素。プルトニウムの語源のプルート(Pluto)は、ローマ神話の「冥界の王 」を意味します。

ウラン、ネプツニウムがそれぞれ太陽系の惑星の天王星、海王星にちなんで命名されていたため、当時海王星の次の惑 星と考えられていた冥王星から命名されたそうです。最初の2文字のPLは、冥王星を発見した天文学者パーシヴァル・ローウェルのイニシャルでもあります。

■セシウム【caesium】
本体は、黄色がかった銀色のアルカリ金属ですが、1860年ドイツの化学者が発見したときに、スペクトルが青色をしていたことから「caesius(青色)」より命名。

ちなみにお馴染み「アトム」(原子)は、ギリシャ語で「もう分けられない」という意味。また、元素ではありませんが、原発でたまに耳にする「プルサーマル」は、プルトニウムで燃料を作り、従来の熱中性子炉で燃料の一部として使うことです。

「冥界の王」を意味するプルトニウムは、生命へ与える多大な影響を考えると、意味合い的にもふさわしい命名といえますね。

(文=ricaco)

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年4月28日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。