【愛すべき昭和レトロカフェ】阿佐ヶ谷「よるのひるね」…昭和30年代のバーの面影を残した空間にディープな漫画や画集がひしめく古本カフェ

【愛すべき昭和レトロカフェ】阿佐ヶ谷「よるのひるね」…昭和30年代のバーの面影を残した空間にディープな漫画や画集がひしめく古本カフェ
阿佐ヶ谷にある、夜6時半開店の喫茶店「よるのひるね」。

名前からして魅惑的なこのお店、昭和30年代に建てられたバーの面影をそのまま残しているという。しかも店内にはところ狭しとものすごい数の漫画や画集などが置かれていて……。

こう聞いて、興味を惹かれるか否か? 少なくとも私(記者)は迷うことなくイエス!! 知人から「面白いカフェがあるよ」と噂を聞き、出かけてみることに。

【昭和テイストあふれる外観】
JR中央線阿佐ヶ谷駅北口を出て徒歩30秒(!)。細い路地に居酒屋さんやバーなどがひしめき合う一角に、可愛らしいタツノオトシゴのイラストともに「よるのひるね」と書かれた看板を発見。もうね、外観からしてザ・昭和! 外壁となっているレンガ、古めかしい外灯……なんだか夜の気配とあいまって江戸川乱歩の小説の中に迷い込んだみたい。さすが元はバーだったところをそのまま使っているだけあります。

【店内はもっとディープだった】
中に入っても、その印象は変わることなく……というか、店内はもっともっと色濃くて。古本バーでもあるだけに、書棚になど収まりきらず、窓際に、カウンターに、いたるところに本、本、本! ジャンルも年代も多種多様なものすごい数の本が雑然と置かれています。これが店内のレトロな雰囲気と妙にマッチして、居心地のよさすら醸し出しているから不思議。もちろん、これらの本は自由に手にとってOK。コーヒーやお酒を飲みながら、ゆっくりと読みふけることも。

あわせて読みたい

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る 2015年3月18日のグルメ記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「イタリアン」のニュース

次に読みたい関連記事「イタリアン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バー」のニュース

次に読みたい関連記事「バー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「居酒屋」のニュース

次に読みたい関連記事「居酒屋」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。