【京ぶらり旅】伏見稲荷の門前名物「すずめの丸焼き」を食べてみた!

【京ぶらり旅】伏見稲荷の門前名物「すずめの丸焼き」を食べてみた!


日本人がよく食べる鳥といえばまず鶏(にわとり)を思い浮かべるはず。しかし、京都にある伏見稲荷大社の門前名物といえば「すずめの丸焼き」です。
「えっ、すずめって食べられるの!?」と思う方がもしかしたら大半かもしれません。そこで実際にすずめの丸焼きが食べられるお店にポーチ編集部が足を運んで訪ねてきました。

伏見稲荷大社は、全国に約3万社もある稲荷神社の総本宮。真っ赤な鳥居が延々と続く「千本鳥居」が有名です。その伏見稲荷大社は五穀豊穣と商売繁盛にご利益があることでも知られ、京都の中でも国内外から多くの参拝者が訪れる観光スポットの1つです。


諸説ありますが、すずめは豊作の象徴である稲の大敵とされており、昔の人が日本各地にあった稲を食い荒らすすずめを退治するために「すずめの丸焼き」が生まれたと伝えられています。

土産屋が立ち並ぶ裏参道の門前のすぐそばに店を構えるのが『稲福』。国内産のすずめにこだわって提供しているお食事処です。


いざ、すずめの丸焼き(500円)を1串注文。ほどなくして奥からすずめ串が出てきましたが、見た目から毛を取り除いたすずめそのものの姿に思わず面食らいました。店頭でじっくり焼いてくれますが「本当に食べられるのだろうか、どんな味なのだろうか」と様々な想像をしていると、程なくしてこんがり焼け山椒をかけて串刺しになった、すずめの丸焼きができあがりました。


まずどこから食べるか迷ったものの、最後に頭だけが残るのもイヤな感じがしたので、頭からかぶりつきました。実は「最もおいしい」とも言われるすずめの頭、脳みその部分はまるで鶏レバーのような味。続いて胴の部分を食べていくと、ほとんど肉がなくパリパリした食感です。個人的には想像よりもおいしいと感じました。


当時の記事を読む

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年8月29日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。