【東南アジアの屋台村】アジアで日本料理を創作すると、奇抜な料理ができあがる!

【東南アジアの屋台村】アジアで日本料理を創作すると、奇抜な料理ができあがる!

台湾や中国などのアジア圏を始め、マレーシアやタイ、インドネシアといった東南アジアの国々を訪れる際に押さえておきたい観光スポットといえば「ナイトマーケット(夜市)」。

地元ならではの食べ物や洋服に雑貨などが安価に手に入ることから、いつも地元の人や観光客で賑わっています。とはいえナイトマーケットは人々の熱気がムンムン、ゴミゴミしているところが多いため、好き嫌いが分かれるかも。

そこで本日は、ポーチ取材班がフィリピンのマニラで見つけた夜市『Midnight Mercato』をレポートします。生のライブ演奏を楽しみながら世界各国の料理が格安で楽しめる、デートにもピッタリの場所です。なんだかちょっとわくわくし てきませんか?

フィリピンでは和食が人気ということもあり、『Midnight Mercato』でも和風の食べ物を数多く見かけます。

まずは各国のイメージに合わせた韓国風キムチピザや和風ピザなどを販売している屋台の「ワサビ・シーフード・ピザ」から。薄いクリスピータイプのピザ生地の上に、カニカマや玉ネギ、チーズ、ワサビマヨネーズをトッピング。釜で焼き上げてくれるため、出来立ての熱々が食べられるのが魅力です。シーフードと謳っていながら、魚介類が一切入っていないのが特徴。

続いて別の屋台へ。この屋台は牛丼やカツ丼などを販売している丼の専門店です。さらにその隣の屋台もチェックしてみましょう。こちらは、しゃぶしゃぶという名の「おでんもどき」を販売しています。こういった勘違いの屋台もご愛嬌!


あわせて読みたい

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る 2011年10月2日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。