もしもクリスマスツリーが木ではなく「人間」だったら!? 結末まで目が離せないシュールでブラックなCMをご紹介☆

もしもクリスマスツリーが木ではなく「人間」だったら!? 結末まで目が離せないシュールでブラックなCMをご紹介☆
もしもクリスマスツリーが木ではなく「人間」だったら!? 結末まで目が離せないシュールでブラックなCMをご紹介☆

クリスマスはとっくに終了してしまったけれど、本日はクリスマスに関するちょっぴり奇妙なCMをご紹介。

動画サイトVimeoに投稿されていたのは、アンドレ・マート(Andre Maat)さん監督、オランダの広告代理店「Khanna」のCM。舞台となっているのは、人間がクリスマスツリーならぬ “クリスマスヒューマン” として存在する世界です。

ツリーと人間の立場が逆転しておりまして、購入する側は人間ではなく、木のほう。まるで悪夢、背筋が寒くなるような展開がラストに待ち受けている点にも、要注目の作品よ。

【クリスマスヒューマンを追いかけてみた】
店頭に並ぶ “クリスマスヒューマン” は、老若男女、実にさまざまな顔ぶれ。

選ばれし者たちが次々車に積まれ運ばれていくなか、カメラはそのうちの1体、若い男性の “クリスマスヒューマン” の後を追います。

【オーナメントを飾られたはいいけれど……】
到着した先でさっそく煌びやかにデコレートされた、 “クリスマスヒューマン” 。

リビングでくつろぐ “木” の家族からふと視線を外し、床に目をやると……そこにはバラバラになった手足が! 傍らには、赤々と燃える暖炉の火。そうです、これは昨年飾られていた “クリスマスヒューマン” 、つまりは自分の行く末こそが、このバラバラの手足というわけ……。

【衝撃的かつ納得のラスト】
ギョッとするような結末。しかしながら、立場を本来のものに置き換えてみれば、納得のラストでもある。

【ネットの声】
視聴したネットユーザーのみなさまも、「素晴らしい」「結末もアイデア自体もいい」「こういうユーモア、好き」といった具合に大絶賛。ちなみに記者(私)もこういったブラックさ、嫌いじゃないよ。というか、むしろ好きっ。

短編映画のようなクオリティーも相まって、可能であればぜひ、続きのストーリーも制作してほしい。思わず見入ってしまう秀作を、それではじっくりと、ご覧くださいませ!

参照元:Vimeo / Andre Maat
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る

あわせて読みたい

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る 2016年1月6日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。