税金を取られてばかりでなるものか~! 一致団結した庶民 VS 殿様のお金バトルがめっちゃ楽しい時代劇『殿、利息でござる!』【最新シネマ批評】

税金を取られてばかりでなるものか~! 一致団結した庶民 VS 殿様のお金バトルがめっちゃ楽しい時代劇『殿、利息でござる!』【最新シネマ批評】
税金を取られてばかりでなるものか~! 一致団結した庶民 VS 殿様のお金バトルがめっちゃ楽しい時代劇『殿、利息でござる!』【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回は久々、時代劇をピックアップ。阿部サダヲ主演の時代劇『殿、利息でござる!』(2016年5月14日公開)です。

この映画は大ヒット映画『武士の家計簿』と同じ、磯田道史の評伝を映画化。江戸時代の金銭問題にスポットをあてているのは一緒ですが、前作の映画は家族問題だったのに対し、今回は藩の問題。あまりの重税に苦しんだ庶民が一致団結して立ち上がり、奇抜なアイデアで藩主に立ち向かっていく姿を人情と笑いで描いていきます。

阿部サダヲ主演映画なので、てっきり大爆笑系かと思ったら、ほっこり感動できるいい映画なんですよ~。では、いってみましょう!

【物語】
舞台は江戸時代。仙台藩は百姓や町人へ重税を課しており、夜逃げが絶えませんでした。小さな宿場町・吉岡宿の穀田屋十三郎(阿部サダヲ)は町の将来が心配でたまりません。

ある日、篤平治(瑛太)から宿場復興の秘策の話が。藩に大金を貸し付けて、利息を払ってもらうという作戦です。金銭を巻き上げられてきた町人たちが、逆に藩から巻き上げてしまおうという逆転の発想でした。

もちろん作戦は重要機密! 商人たちは知恵を駆使して、3億円を集めようと動き出すのですが……。

【250年の時を超えた本当のお話】
この物語は250年前に実際にあったお話。仙台藩主の伊達重村は、薩摩藩主に官位で差をつけられないために、江戸の老中に多額の贈り物をしたり、幕府の建設工事費用を買って出たりしたことで、仙台藩はかなり金銭的に厳しい状況に追い込まれていたのです。

あわせて読みたい

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る 2016年5月14日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら