映画『二重生活』の主演女優・門脇麦に直撃インタビュー! 「尾行シーンが最高に楽しかった」その理由とは?

映画『二重生活』の主演女優・門脇麦に直撃インタビュー! 「尾行シーンが最高に楽しかった」その理由とは?
映画『二重生活』の主演女優・門脇麦に直撃インタビュー! 「尾行シーンが最高に楽しかった」その理由とは?

[公開直前☆最新シネマ批評・インタビュー編]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかからおススメ作品の女優を直撃インタビューします。

今回、直撃インタビューをしたのは、小池真理子著の同名小説の映画化『二重生活』(2016年6月25日公開)の主演女優、門脇麦さんです。

最近では映画『愛の渦』『オオカミ少女と黒王子』『太陽』や、TVドラマ『お迎えデス。』『火花』など多数出演していますが、意外にも門脇さんにとって、本作は初の単独主演映画なのです。

今回は、修士論文のために男を尾行する大学院生を演じている門脇さん。その彼女に、撮影の裏側、この作品への想い、私生活のことなど……いろいろ聞いてきました!

【物語】
大学院で哲学を学んでいる珠(門脇麦)は、修士論文のために篠原教授(リリー・フランキー)から、哲学的尾行の実践を勧められます。無作為に選んだ対象人物を尾行して、その行動を記録するのです。

珠は書店で偶然、自分が住むマンションの隣家の石坂(長谷川博己)の姿を見つけます。出版社の編集者として作家のサイン会に立ち会っていた彼が書店を後にしたとき、彼女は石坂を尾行するのですが……。

【初めて自分の出演作を客観視できました】

――まずは単独初主演映画になる『二重生活』で演じた白石珠について教えてください。

門脇麦さん(以下、門脇)「珠は、悲しい過去を背負っており、そのせいで感情にフタをして生きている女性です。大人になるにしたがって、本当の感情にはフタをしがちですが、自分の素直な感情から目を背け続けると感情が麻痺して、悲しいはずなのに悲しい感情がちゃんと湧かなくなったり、常にモヤっとしたものを抱くようになると思うんですよ。珠はずっとそういう気持ちを抱いているような気がしました。」

あわせて読みたい

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る 2016年6月24日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら