【写真多数】「マリー・アントワネット展」に行ってきました / 幽閉時の肌着や原寸大の超豪華居室…ヴェルサイユ宮殿監修による高クオリティです

【写真多数】「マリー・アントワネット展」に行ってきました / 幽閉時の肌着や原寸大の超豪華居室…ヴェルサイユ宮殿監修による高クオリティです
【写真多数】「マリー・アントワネット展」に行ってきました / 幽閉時の肌着や原寸大の超豪華居室…ヴェルサイユ宮殿監修による高クオリティです

何度も映画化されていて、いちばん有名な王妃といえば、やっぱりフランスのマリー・アントワネット。ソフィア・コッポラ監督作『マリー・アントワネット』では、ドレスやマカロンの美しい色使いや、BGMにパンクロックを使うなど、斬新な演出が話題を呼びました。

そんなマリー・アントワネットの生涯をたどる展覧会「ヴェルサイユ宮殿 ≪監修≫ マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実」が、現在、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで行われています。

日本でも大人気の王妃、マリー・アントワネットのすべてがつまった展覧会に行ってきましたよ~。

この展覧会では、マリーが幼少を過ごしたオーストリア時代からフランス革命によって死刑になるまで、彼女の人生を追うように、第1章から第12章までの章立てで構成されています。では、ひとつずつ紹介していきますね。

【14歳で嫁いだ幼い花嫁マリー・アントワネット】

第1章:オーストリア時代のマリー・アントワネットマリーの母はマリー・テレジアといい、マリー・アントワネットは16人兄弟の15番目です。マリーの母は、子供が生まれるたびに肖像画を宮廷画家に描かせて祝ったそう。

ここにはまだゆりかごの中の赤ちゃん時代、少女時代のマリーの肖像画があり、華やかな大家族の姿が見られます。

第2章:フランス王太子との結婚1770年、マリーは14歳でフランスのルイ15世の孫、ルイ・オーギュスト(のちのルイ16世)に嫁ぎます。ここには、結婚祝いのセレモニーの美術や絵が飾られています。

あわせて読みたい

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月11日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。