美しき名画だなぁ…と思ったら、なんと無数のラクガキで描かれていた! ス、スゲエェ!!

ミケランジェロの『瀕死の奴隷』、プラクシテレスの『ヘルメス像』など、古典的なローマ彫刻を描いた名画の数々。実に、美しい。

と思って良く見ると、な、なんと、一面無数のラクガキ(?)で描かれています! それらのラクガキ一つひとつが、なんとなんと、美しい身体や輪郭の曲線、さらには表情や筋肉などを浮き彫りとする細かい陰影、そして背景などを演出しているのです!

しかもそのラクガキ、それらの彫刻とは間逆の、ゆる~い、イラストタッチ。実に実にコミカル!! 

例えば、メルヘンチックなゾウやキリンなどの動物たちやら、女体や女子高生やら、骸骨やら、この世には存在しない生物やら物やら……。さらには、女体を見て興奮する男などなど、どこかストーリー性まで感じられ、ジックリ舐め回すように鑑賞しても、まったく見飽きない! もう、完全に現代アート。

この相反する異色の絵画がガッチリと融合している様子、かなりカオス。強いメッセージ性を感じます。

この絵画を描いたのは、日本人アーティストのサガキケイタさん。彼は自身のサイトで次のようなメッセージを挙げています。

「世界に存在する万物はすべてにおいて全体と部分で形成されているといっても過言ではない。人体は約60兆にも及ぶ細胞によってできているし、すべての物質は原子や分子という部分的な要素の構築によって成り立っている。(~途中省略~)私はそのようなボーダレスな全体と部分の関係をコンセプトに制作活動をしていく中で、部分の総和としての全体でも、全体の分断による部分でもない、足し算や引き算では図りきれない、せめぎやうねりのようなものを表現していきたい」

この言葉、ご覧の通りしっかりと彼の作品に込められています。ほかにもサガキさんの公式サイトでは、ユニークな作品がたくさん紹介されているのでご覧になってみてはいかがでしょう。ちなみに彼の作品は一部の海外サイトでも話題になっているので、ますます人気が出そう。今後の活躍、見逃せませんね!

(文=ricaco)

参照元:http://sagakikeita.com(http://sagakikeita.com/works.html


写真をもっと見る

あわせて読みたい

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る 2011年11月11日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら