故郷ですべてを失った男が心の傷に向きあう姿に涙腺が崩壊…マット・デイモンがプロデュースした傑作『マンチェスター・バイ・ザ・シー』【最新シネマ批評】

故郷ですべてを失った男が心の傷に向きあう姿に涙腺が崩壊…マット・デイモンがプロデュースした傑作『マンチェスター・バイ・ザ・シー』【最新シネマ批評】
故郷ですべてを失った男が心の傷に向きあう姿に涙腺が崩壊…マット・デイモンがプロデュースした傑作『マンチェスター・バイ・ザ・シー』【最新シネマ批評】

【最新シネマ批評】
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、2016年度アカデミー賞主演男優賞と、脚本賞を受賞した『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2017年5月13日公開)です。

ケイシー・アフレックが演ずる、故郷に帰って来たひとりの男の人生を描いた作品で、とてつもない大きな感動を呼び起こす人間ドラマになっています。では、まず物語から。

【物語】
ボストンで便利屋をやっているリー(ケイシー・アフレック)は、周囲の人から無愛想な変わり者だと思われながらひとり暮らしをしていました。そんな彼のもとに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーにいる兄(カイル・チャンドラー)が倒れたという知らせが入り、リーは帰郷します。

心臓病と闘っていた兄は亡くなり、彼は兄の遺言を受け取りました。そこには兄の息子パトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人がリーであることが記されており、リーは驚き、断ろうとします。パトリックは叔父のリーといることを望みますが、リーにはこの街で暮らせない理由があったのです。

【すべてを失った過去の過ち】
映画が始まっていきなり無愛想なリーが登場します。仕事はテキパキできるけれど、愛想もやる気もなく、酒を飲むとケンカをするしょーもない男です。彼はずっと孤独だったように見えますが、実はそうではありません。兄の死をきっかけに故郷に戻ったとき、リーはこの町で過ごした日々を回想します。

あわせて読みたい

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る 2017年5月14日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら