満島ひかり&永山絢斗共演で話題の『海辺の生と死』戦時下の奄美で紡がれる切ない恋と島唄が心に響く【最新シネマ批評】

満島ひかり&永山絢斗共演で話題の『海辺の生と死』戦時下の奄美で紡がれる切ない恋と島唄が心に響く【最新シネマ批評】
満島ひかり&永山絢斗共演で話題の『海辺の生と死』戦時下の奄美で紡がれる切ない恋と島唄が心に響く【最新シネマ批評】

【最新シネマ批評】
映画ライター斎藤香が最新映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、レビューをします。

今回ピックアップするのは、満島ひかり&永山絢斗共演作『海辺の生と死』(2017年7月29日公開)です。作家の島尾敏雄と島尾ミホの出会いと愛し合う日々を、太平洋戦争を背景に描いた物語です。

と、書くと「戦争映画、重そう……」と思うかもしれませんが、これが全然違います!

いろんな意味で予想を良い意味で裏切ってくれる作品でもあり、とても深くて清らかな恋愛映画です。では物語から。

【物語】
昭和19年(1944年)。戦時下の奄美カゲロウ島で、国民学校の代行教師・トエ(満島ひかり)は、若い軍人と出会います。

彼の名前は朔(さく)中尉(永山絢斗)。兵士に教えるための本を借りるためにやってきた彼に、校長先生はトエの父から借りるといいと告げます。

そのときからトエと朔中尉の距離は縮まっていき、二人は文通を通して心を通わせていきます。しかし、朔中尉の特攻隊への出撃命令が下るときが迫り……。

【戦時中に花開く静かな熱愛】
戦争中の恋愛映画はこれまでもありましたが、本作は戦争を背景にしつつ、フォーカスしているのはトエと朔中尉の愛です。二人が出会い、心を通わせていくのですが、朔中尉はやがて自ら死に向かわなければならない任務を背負っており、トエとの出会いは思いがけない神様からの贈り物だったのかなと思いました。

逢瀬をする浜辺の塩焼部屋。夜の海は少し怖い印象がありましたが、この映画ではとてもロマンチックで美しいんですよ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る 2017年7月28日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「出会い」のニュース

次に読みたい関連記事「出会い」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「恋愛」のニュース

次に読みたい関連記事「恋愛」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「カップル」のニュース

次に読みたい関連記事「カップル」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら