『ピンクパンサー』みたいなピンク色のネコ

『ピンクパンサー』みたいなピンク色のネコ
       

英ウィルトシャー州スウィンドンで、『ピンクパンサー』ならぬピンク色のネコが見つかったと大騒ぎになっています。もともとは白色だったものを誰かがイタズラで染めたようですが、本当に鮮やかなピンク色です。

25日付けの英『デイリーメール』電子版によるとこのネコは先日、民家のそばにいたところを住人が発見。第一発見者はRSPCA(王立動物虐待防止協会)に連絡し、引き取りを要請しました。

ネコを預かった獣医のペニー・ガレスピーさんは「何度か洗ってみたけれど、ピンク色は落ちなかった。今、1~2歳ぐらいなので成長して毛が生え変わるのを待つしかない」と話します。『ピンク』と名付けられたこのネコがもとの白色に戻るには、12~18カ月程度かかると見られています。

ガレスピーさんはネコをピンク色に染めた犯人の行為を「冷酷だ」と非難し、「もし染料が有毒なものだった場合、命にかかわる」と指摘。また「初めて『ピンク』を見たとき、驚きのあまり開いた口がふさがらなかった。とても奇妙だった」と感想を述べています。

目の周りと鼻を除いてすべてキレイなピンク色に染まっていることから「プロがやったのでは?」という見方もありますが、今のところ犯人は特定できていない模様。『ピンク』が道に迷って飼い主のところへ帰れなくなったネコなのか、あるいは捨てられたのかも分かっていません。アニメーションに登場するピンクのヒョウ『ピンクパンサー』は、あくまで架空のキャラクター。生きている動物を無理にピンク色にするなんて、信じられない行為ですね。

このニュースの元記事を読む

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年9月26日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。