ケンタッキー・フライドチキンじゃなくカリフォルニア・フライドチキンで食べてみました

ケンタッキー・フライドチキンじゃなくカリフォルニア・フライドチキンで食べてみました
       

ファーストフードチェーンの『ケンタッキー・フライドチキン』は有名ですが、今回食べたのは『カリフォルニア・フライドチキン』。バングラデシュの首都・ダッカを取材旅行した際に、現地のコーディネーター(案内人)が連れて行ってくれたのです。

しかし取材班は当初、「ケンタッキーフライドチキンに行って取材したい」とお願いしていました。しかし、連れて行かれたのは『カリフォルニア・フライドチキン』。ケンタッキーとカリフォルニアの違いはけっこう大きいと思うのですが……。とりあえず、食べてみる事にしました。

店内に入ると、そこは日本や欧米と変わらない内装のお店でした。店員も、バングラデシュというカオスな国にしては、ちゃんとした制服を着ていました。取材班はクリスピーチキンバーガーのセットを注文。『ケンタッキー・フライドチキン』で言うところの、チキンフィレサンドのようなものですね。

店員に「この店は『ケンタッキー・フライドチキン』のパクリですか?」と聞いたところ、「そのケンタッキーなんちゃらという店は知らない。聞いたこともない」と返答していました。

セットの料金は130~170タカ(約260~320円)なので、現地価格としては驚くほどの高額な料理です。日本人からすると、比較的安い価格と言えるでしょう。ちょっと驚いたのは、骨付き肉がそのままハンバーガーにサンドされていた点です。かなり豪快ですね……。

肝心の味ですが、肉に肉汁が少ない気がしました。アッサリと言えば聞こえはいいですが、パサパサしているともいえます。しかし、まずくはないです。ソースの味が濃いので、非常に濃厚な味わいとなっています。また、チーズが三度してあるので、肉汁が足りない分、チーズが美味しさを引き立てていました。コーラはペプシと契約しているそうで、コカコーラはありませんでした。

ちなみに、バングラデシュには『マクドナルド』も『ケンタッキー・フライドチキン』も存在しないそうです。しかし、『キング・フライドチキン』(略してKFC)は存在するらしいので、次回は『KFC』のレポートをお伝えしたいと思います。どうぞお楽しみに。

(記者 / 乎古止点)

このニュースの元記事を読む

当時の記事を読む

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年9月30日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。