【本音レビュー】話題作『銀魂2』は危険すぎるパロディー演出やイケメン俳優の制服姿など見所盛りだくさん! ギャグもアクションも演技も全力の作品でした

【本音レビュー】話題作『銀魂2』は危険すぎるパロディー演出やイケメン俳優の制服姿など見所盛りだくさん! ギャグもアクションも演技も全力の作品でした
【本音レビュー】話題作『銀魂2』は危険すぎるパロディー演出やイケメン俳優の制服姿など見所盛りだくさん! ギャグもアクションも演技も全力の作品でした

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは『銀魂2 掟は破るためにこそある』(2018年8月17日公開)です。こちら公開初日に映画館で鑑賞して来ました!

本作は、空知英秋の同名原作の中から「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を合体させたもの。原作は未読で、前作の『銀魂』は見ているというハンパな私ですが「原作を知らない人でも楽しめるかどうか」の視点で本音レビューしたいと思います。では物語から。

【物語】
舞台は幕末。かぶき町で暮らす、万事屋の銀時(小栗旬)、新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)は、家賃が払えないためキャバクラでバイトすることに。そこに客として現れたのは、警察組織の頂点・松平片栗虎(堤真一)と将軍・徳川茂茂(勝地涼)。絶対に失敗できない環境で、キャバ嬢として奮闘する銀さんと新八の行方はいかに。

一方真選組では、局長の近藤勲(中村勘九郎)の暗殺計画が水面下で進んでいました。そんな真選組の大ピンチにもかかわらず、いつも厳しい鬼の副長こと土方十四郎(柳楽優弥)は、ヘタレのアニオタな性格になり、大暴走の結果、真選組をクビになってしまうのです。

【冒頭から畳み掛けるギャグ攻撃!】
前作がヒットしたのに、日本アカデミー賞にスルーされた小栗旬の愚痴から物語は始まります。そんなプロローグで笑いのツボを押さえられ「貧乏過ぎてバイトせにゃ生きていけん!」というわりに能天気な銀時、新八、神楽のやりとりにクスクス。...続きを読む

あわせて読みたい

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る 2018年8月23日の女性コラム記事
「【本音レビュー】話題作『銀魂2』は危険すぎるパロディー演出やイケメン俳優の制服姿など見所盛りだくさん! ギャグもアクションも演技も全力の作品でした」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    映画めちゃくちゃよかった~ あれは見なきゃ損!!!!!!

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。