【最新シネマ批評】映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』でまさかの涙! 奇妙な世界に感動が秘められた傑作でした

【最新シネマ批評】映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』でまさかの涙! 奇妙な世界に感動が秘められた傑作でした
【最新シネマ批評】映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』でまさかの涙! 奇妙な世界に感動が秘められた傑作でした

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、ドラマ「時効警察」などの三木聡監督の最新作『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(2018年10月12日公開)です。

イジョーに長いタイトルですが、このタイトルが物語のすべてを表しています。というか、一人の女性シンガーの人生を変える言葉なのです! 爆笑コメディを装いつつ、けっこう胸にグサっとくる映画でありました! では物語から~。

【物語】
脅威の歌声を持つロックスター、シン(阿部サダヲ)。しかし、彼の歌声は“声帯ドーピング”で作られており、長年のドーピングでシンの喉は壊滅の危機にありました。

ストリートミュージシャンのふうか(吉岡里帆)は、自分に自信がなく、イジョーに声が小さい。彼女の歌を聞いたシンは「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」と毒づきます。水と油のふたりに見えましたが、ふうかは、シンの声の秘密を知ったことをきっかけに、彼の声を守るため、奔走することに……。

【大声と小声の男女による濃厚なバディムービー?】
本作は、声帯ドーピングの暴走ロックスターと、何事にも自信が持てず消極的な小声のミュージシャンのバディムービーです。大声と小声のコンビに加え、周囲の人々も現実にはありえない変人揃いで、奇妙奇天烈な世界が描かれていきます。

あわせて読みたい

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る 2018年10月12日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。