「ぼっち飯」で苦しんでいた私が漫画『孤独のグルメ』に救われた話

「ぼっち飯」で苦しんでいた私が漫画『孤独のグルメ』に救われた話
「ぼっち飯」で苦しんでいた私が漫画『孤独のグルメ』に救われた話

春から新しい環境で生活をはじめた皆さん、入学式や入社式も終わり、少しず~つ新しい友達やグループができ始めてきたころでしょうか? ……なになに、決まった友達ができなくてお昼を一緒に食べる人もいない?

何を隠そう、私もそうでした。いわゆる「ぼっち飯」です。食堂に行っても周囲がグループでワイワイ賑わう中、ひとり静かにお昼を過ごす……ランチタイムってこんなに悲しい時間だっけ? と心の中で泣いたこともありました。

だけどある日、漫画『孤独のグルメ』と出会い、ぼっち飯の魅力と楽しさに気が付いたのです……!

毎月1のつく日(1日、11日、21日だけ)は「ステキなぼっちの日」です。今回は、漫画『孤独のグルメ』から教えてもらった「ぼっち飯」の魅力を伝えたいと思います。

【そもそも漫画『孤独のグルメ』とは?】
まずは漫画『孤独のグルメ』(原作・久住昌之 / 作画・谷口ジロー)について簡単にご紹介すると……。

主人公は、個人で輸入雑貨商を営む独身男性・井之頭五郎。彼が仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様子や心情を、ただただ淡々と描いているのが大きな特徴です。

現在、書籍として『孤独のグルメ』『孤独のグルメ2』の2冊が出版されているほか、2012年からは松重豊さん主演でテレビドラマ化され、シーズン7まで続く人気を博しています。

【「ぼっち飯」なのにイキイキしてる主人公】
まず、私が初めて漫画『孤独のグルメ』を読んだときに衝撃的だったのが、「とくに取り柄もない中年男性が、ただただご飯を食べて感想を独りごちる、その心の内が漫画になっている」というスタイル。

あわせて読みたい

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る 2019年5月11日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。