家族を守るための仕事で家族がバラバラに…『家族を想うとき』が描くイギリスの「働き方問題」は日本と同じでした

家族を守るための仕事で家族がバラバラに…『家族を想うとき』が描くイギリスの「働き方問題」は日本と同じでした
家族を守るための仕事で家族がバラバラに…『家族を想うとき』が描くイギリスの「働き方問題」は日本と同じでした

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは英国の名匠ケン・ローチ監督作『家族を想うとき』(2019年12月13日公開)です。是枝裕和監督が大尊敬する映画監督であるケン・ローチの作品は、社会の弱者にスポットをあてた作品が多く、リアリティある人物描写でさまざまな家族の姿を見せてくれます。本作は英国の労働者階級の家族の今を切り取った作品で、すご~く考えさせられます。では物語から。

【物語】

マイホーム購入を夢見ているリッキー(クリス・ヒッチェン)とその家族。しかし、リッキーは住宅金融組合の破綻により、住宅ローンを組めなくなったばかりか、建設の仕事も失ってしまいます。「なんとか家族にマイホームを!」と、彼が見つけた新たな仕事は宅配ドライバー。個人事業主なので頑張れば頑張るだけ稼げる!一抹の不安を抱えながらも、介護職の妻のアビー(デビー・ハニーウッド)が使っていた車を資金に、宅配に使うトラックを購入。しかし、バスで介護先へ向かうようになったアビーは子供二人と過ごす時間が少なくなり、16歳の長男は問題行動を起こすように……。

【ささやかな幸福を奪う負の連鎖】
大変見ごたえのある映画でした。個人事業主として働き始めた主人公が、過酷な職場で搾取されていき、家族のために頑張っているのに、家族が崩壊していく……。なにせリッキーは週6日、1日14時間労働。子供のトラブルで休みをもらおうとすると、上司は「代わりのドライバーが見つからなかったら、1日100ポンド(約1万4千円)の罰金な」なんていうんですよ! でもみんなスケジュールぎちぎちで働いているから代わりなんて見つからない。ネットショッピングが増えて配達する荷物が山積みの中、会社側も休まれては困るのかもしれないけど、あまりにも一方的で高圧的な態度には、本当に腹が立ちました。

あわせて読みたい

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「是枝裕和 + 樹木希林」のおすすめ記事

「是枝裕和 + 樹木希林」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「総監督」のニュース

次に読みたい関連記事「総監督」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「細田守」のニュース

次に読みたい関連記事「細田守」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月24日の映画記事

キーワード一覧

  1. 是枝裕和 樹木希林

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。