カンヌ最高賞受賞!韓国映画『パラサイト 半地下の家族』はコメディから予測不能サスペンスへと展開していく名作です

カンヌ最高賞受賞!韓国映画『パラサイト 半地下の家族』はコメディから予測不能サスペンスへと展開していく名作です
カンヌ最高賞受賞!韓国映画『パラサイト 半地下の家族』はコメディから予測不能サスペンスへと展開していく名作です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、韓国映画『パラサイト 半地下の家族』(2019年1月10日公開)です。『グエムル-漢江の怪物-』などヒット作多数のポン・ジュノ監督の最新作で、カンヌ国際映画祭最高賞パルムドールを受賞した話題作です!

世界中で大ヒットしており、実に評判のいい本作。私は試写で観させていただきましたが、想像のはるか上を超える出来で、「2020年のナンバー1映画決定!」と言ってもいいくらい大興奮しました。では物語から。

【物語】

韓国の貧困街の半地下に暮らす4人家族。楽天家の父キム・ギテク(ソン・ガンホ)、元ハンマー投げの選手の妻チュンスク(チャン・ヘジン)、浪人生の息子ギウ(チェ・ウシク)、娘のギジョン(パク・ソダム)は、内職で生活を営んでいます。ある日、ギウが友達から、家庭教師の代役を頼まれます。彼は言われた通りに高台に住むお金持ちのパク・ドンイク家へ。大学生と偽って、その家のお嬢様の家庭教師を始めたギウは、意外にも話がうまく、たちまち娘と母親の心を掴み、妹のギジョンも家庭教師にすることに成功。そして父も母も……。徐々にキム一家は、ドンイク家に寄生していくのですが……。

【ネタバレ厳禁の予測不可能な映画】
『パラサイト 半地下の家族』はジュノ監督が「絶対に中盤以降の展開はバラさないで」と強く語っている作品です。何も知らずに観たときの衝撃を楽しんでほしいということですが、同時に、監督にとってかなりの自信作であることもそのメッセージからうかがえます。

あわせて読みたい

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月12日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。