広瀬すず&吉沢亮が振り切った演技を見せる『一度死んでみた』は徹底的に笑えてくだらない!? 監督は三太郎CMのディレクターです

広瀬すず&吉沢亮が振り切った演技を見せる『一度死んでみた』は徹底的に笑えてくだらない!? 監督は三太郎CMのディレクターです
広瀬すず&吉沢亮が振り切った演技を見せる『一度死んでみた』は徹底的に笑えてくだらない!? 監督は三太郎CMのディレクターです

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは広瀬すず主演映画『一度死んでみた』(2020年3月20日公開)です。意外にも広瀬すずちゃん、コメディ初挑戦なんですよ。加えて共演陣がハンパなく豪華。吉沢亮、堤真一だけじゃなありません。妻夫木聡や佐藤健など、わき役まで主演級の俳優たちが勢ぞろい。すごいメンツで、とにかく見どころ満載なのです。では物語からいってみましょう。

【物語】
女子大生の七瀬(広瀬すず)は、母(木村多江)の亡きあと、父親と二人暮らしですが、父・野畑計(堤真一)がうっとおしくて大嫌い。デスメタルバンドのボーカルでもある彼女は「死んでくれ」という気持ちを歌にのせて、日々絶叫していました。そんなある日、野畑製薬の社長であり研究者の計が本当に死んでしまいました!

彼の会社が開発した「2日間だけ死んじゃう薬」を服用しちゃったのです。2日後には生き返ると思ったものの、その死を利用して、計を火葬しようと企むライバル社が出現。「お父さんが永遠に葬られてしまう!」と焦った七瀬は、父の部下の松岡(吉沢亮)と共に、父を生き返らせるために奔走するのですが……!

【広瀬すずは監督次第で輝く女優】
結論から申しますと、くだらなくて面白かったです! 個人的には「女優・広瀬すずの魅力は監督次第」と思っており、

あわせて読みたい

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月23日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。