人気漫画家が『美味しんぼ』に痛烈な皮肉コメント「なんだよこれ。極まってるな狂気が」

人気漫画家が『美味しんぼ』に痛烈な皮肉コメント「なんだよこれ。極まってるな狂気が」
       

人気漫画家の平野耕太先生が、コミュニケーションサービス『Twitter』(ツイッター)でアニメ『美味しんぼ』に対して皮肉ともとれる書き込みをし、インターネット上で大きな話題になっています。

平野先生は『美味しんぼ』に対して「美味しんぼは後世に残すべき、不朽のギャグマンガだとおもう」とコメントし、その内容の狂気っぷりをギャグとして楽しんでいるようなのです。

確かに『美味しんぼ』は面白い作品ですが、ギャグはあまりなかったような……。あったとしても富井副部長の声ぐらいじゃないでしょうか? 『美味しんぼ』がどうして「不朽のギャグマンガ」なのか、平野先生は以下のようにその理由を書き込みしています。

「局長、写真が気に入って写真家呼ぶ → 明太子好き? → 好きじゃない → 明太子も食えない写真家はまともな写真家じゃない、今までの写真は全部まぐれ → 山岡「明太子は日本で一番恥ずべき食い物」 → 局長「3日以内に証明しないとお前クビ」 なんだよこれ。極まってるな、狂気が」(Twitterより引用)

「いやあ、むかつくわー。最高だ。そもそも局長の明太子は友人が旅先からお土産で買ってきたもの。それをいきなり日本でもっとも恥ずべき食い物ですねっていった挙句、日本で5指に入るような岡星が3日かけて作った明太子と比べてこき下ろす。もう素敵過ぎる。吐き気が止まらない」(Twitterより引用)

……と、『美味しんぼ』がギャグマンガである理由を語っています。つまりその内容をまとめると、「写真家が明太子が苦手というだけで人間性を否定する局長。そして山岡は明太子が恥ずべき食い物と言い放ち、友人が気持ちをこめて贈った明太子をこき下ろす。どう考えてもコレはギャグマンガ!」ということなのでしょう。


当時の記事を読む

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年10月30日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。