『西荻窪 三ツ星洋酒堂』第3話の「亡き妻との思い出」に泣いた…悲しみを救う「ふとした瞬間にふと思い出した記憶」

『西荻窪 三ツ星洋酒堂』第3話の「亡き妻との思い出」に泣いた…悲しみを救う「ふとした瞬間にふと思い出した記憶」
『西荻窪 三ツ星洋酒堂』第3話の「亡き妻との思い出」に泣いた…悲しみを救う「ふとした瞬間にふと思い出した記憶」

2021年2月25日に放送された、MBS制作の深夜ドラマ『西荻窪 三ツ星洋酒堂(通称:にしぼし)』第3話。

今回バーを訪れたのは、定年退職を迎えたサラリーマン・権藤(近藤芳正さん)。

権藤が語った「妻との思い出」が切なく、悲しく、愛に溢れていて、涙が止まらなくなる回でした。

大切な人との別れを経験している人なら、ことさら胸に響くはず……!

【第3話あらすじ】
仕事ひとすじでやってきた権藤は、退職後どうしたらいいのか不安げな様子。妻に先立たれたことが、さらに不安を後押ししているようです。

バーテンダーの雨宮(町田啓太さん)、シェフの中内(藤原季節さん)、オーナーの小林(森崎ウィンさん)が3人でわいわいしている様子を見つめる瞳も、どこか寂しそう。

しかし3人と打ち解け始めたのをきっかけに、ぽつり、またぽつりと、妻との思い出を語り始めたんです。

【こんなにも悲しい味のケーキを他に知らない…】
甘いものが苦手な権藤と、甘いものが大好きだった妻。

そのため、甘いものを食べるときは、いつも妻1人だけ。けれど妻が最後に入院したときに、ようやく夫婦2人でケーキを食べることになるんです。

ところが妻は、病気のためひと口も食べられず……

妻が眠る顔を見ながら、権藤が2人分のケーキを食べるシーンが切なくて、悲しくて、

「悲しかった……死んでしまったときよりも、ずっと」
「もっと早くに、2人でケーキを食べておけばよかった。あの日から3年間、ケーキを食べていない」

当時の記事を読む

Pouch[ポーチ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月4日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。