刑務所を恐れないストーカーを止める方法

刑務所を恐れないストーカーを止める方法
なぜストーカーによる事件は後を絶たないのか。ストーカー対策のNPO法人を運営し、これまで500人以上のストーカー加害者に向き合ってきた小早川明子氏は、「取り締まるだけではストーカー行為はなくならない。刑罰を恐れない加害者には治療が必要だ」と言い切る。ストーカーは犯罪であるだけではなく、「やめたくてもやめられない」という“疾患”だからだ――。(後編、全2回)
■「有能なビジネスパーソン」も多い
――ストーカーになる人の特徴はありますか?
執着心が強く、行動力があって「駆動力(刺激に対する反応の早さ)が高い」。頭がいい人も多いです。こうした力が仕事に向けられると、高い成果を挙げられますから、有能なビジネスパーソンなども珍しくありません。男女は関係ありません。
――小早川さんのケースのように、恋愛関係が発端ではないこともあります。
恋愛関係にあった人が加害者になるケースはもちろん多いですが、親子、上司部下、ご近所、医師と患者など、さまざまな関係で起きています。会ったこともない、SNSでたまたま見た人に対して、一方的に執着して、すべてを知りたくなってストーカー行為をしてしまう。ブログの中で幸せそうな様子をしているのをたまたま見て、面識はないけれど嫉妬から攻撃してしまうというストーカーもいました。
――ストーカー被害にあわないようにする方法はありますか?
難しいですね。ストーカーになる人というのは、スイッチが入らなければ普通ですし、被害者はたまたま地雷を踏んでしまったようなもの。出会った相手がストーカーになる素質を持っていれば数カ月で問題が生じ、別れようとすればストーカー化してしまう。「こうしたら被害にあわない」というものは少なく、誰もが被害者になりえます。強いて言えば、顔の見えないSNSでの関係は深まる前に用心してほしいし、交際中に圧迫を感じたらすぐに別れる決断をしてほしいです。別れる決断をしたら計画を立てて慎重に実行します。それでも、別れた相手がストーカーになるのを防げないことはあります。

あわせて読みたい

プレジデントオンラインの記事をもっと見る 2018年11月9日の経済記事をもっと見る
「刑務所を恐れないストーカーを止める方法」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    「相手に金を騙し取られた」ならストーカーじゃなくてただの被害者だろう。借り逃げした奴が相手をストーカーに仕立て上げてるって話。「こいつはストーカー」という決めつけも恐ろしい。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。