"SNS上でファンが暴走"被害を抑える方法

"SNS上でファンが暴走"被害を抑える方法
■声優へ1日1000件のメッセージを送信する男性
『ばくおん!!』や『ゆるキャン△』といったアニメ作品のメーンキャラクターを演じる人気声優・東山奈央の公式ツイッターをめぐって、インターネット上で議論が起こっている。
事の発端は、2017年夏ごろから「奈央の未来の旦那」を自称する男性ユーザーが東山氏の公式ツイッターアカウントに対し、1日数百~1000件のリプライ(返信機能を使ったメッセージ)を送っていることである。
いまやアイドルや声優に対し、ファンがリプライを送ることは珍しいことではない。演者のリプライ欄はファンレター的メッセージを送ったり、ファンが同好の士を見つけたりするための場として機能している。
しかし、男性が送るリプライは多い日で1000件以上にのぼり、文字数に換算すると1万字を超えることもあった。東山氏のリプライ欄は彼の投稿で埋め尽くされ、東山氏もファンも彼以外の投稿を確認することが困難な状況となっていた。投稿内容も日を追うごとにエスカレートし、19年に入ってからは「今日は1日奈央が入るトイレの前にいます」「両親の前で奈央にキスをする」といった内容の投稿が見られた。
■「奈央と結婚できるまで絶対に諦めない」
この事態を受けてか、東山氏の所属する事務所は19年5月17日に大量のリプライを送る行為や公序良俗に反する内容の投稿、ストーカー等犯罪的な内容の投稿等を行ったユーザーをブロックすると声明を発表し、同19日には男性に対し、名指しで警告を行った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

プレジデントオンラインの記事をもっと見る 2019年7月4日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。