元エンジニアが「農業で食える」ようになるまで

元エンジニアが「農業で食える」ようになるまで
エンジニアから「スイートピー農家」に転身した人がいる。農園を開いた場所は岡山県倉敷市。まったく見知らぬ土地で「農業に転職」を成功させるには、なにが必要なのか。同じく会社員から専業農家に転じた有坪民雄氏が、経験者に聞いた――。
■新卒で入った会社ではメカニカルエンジニアだった
【有坪民雄(専業農家、『』著者)】最初に、高尾さんが農家になったきっかけを教えてください。
【高尾英克氏(ファームたかお)】農家になる前は、自営業をしていました。DTPと呼ばれるパソコンで印刷物のデータを作成する仕事をしていたんです。当時はCRTといってすごく大きなモニターでの作業を、顧客の要望に応えるために徹夜でやるのも当たり前で、目が悪くなったんです。それで仕事を変えることにしました。2006~2007年のことです。
【有坪】なぜ農家を選んだのでしょうか?
【高尾】もともと僕は理系出身で、新卒で入った会社ではメカニカルエンジニアをしていました。だから「なぜ農家?」と聞かれることは多いんですが、自分としては緑が好きで、自営業の傍ら、園芸関係の免許を取ったり、家庭菜園で野菜は自給していたりしたんです。だから、農家という選択は自然にそうなったという感じです。目にも良さそうだってこともありましたけど(笑)。
【有坪】前に住んでいたのが新潟ということで、米どころですよね。でも、いまここ(インタビューさせてもらっている場所)は岡山県の倉敷市です。そのあたりの経緯を教えてください。

あわせて読みたい

プレジデントオンラインの記事をもっと見る 2019年8月15日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。