スバル創始者が夢想した「400機の爆撃機」の幻

スバル創始者が夢想した「400機の爆撃機」の幻
第2次世界大戦末期。SUBARU(スバル)の前身、中島飛行機の創業者・中島知久平は、超大型戦略爆撃機「富嶽」の開発を進めていた。それはアメリカ本土を爆撃できる飛行機を400機製造するという壮大な計画だった。なぜ「富嶽」は幻に終わったのか――。(第3回)
■富士山の名を冠した幻の超大型爆撃機
中島飛行機が製造した飛行機のうち、創業期の頃のそれは設立者の中島知久平(ちくへい)の考えが形になったものだった。その後、マリー技師がやって来てからはフランス、ニューポール社の影響を受けたものに変わる。そして、初めて陸軍に制式採用された高翼単葉の九一式戦闘機からは小山悌(やすし)がエース設計者となり、彼のアイデアが全体を引っ張っている。
つまり、知久平が発想したのは創業当初だけで、その後は陸軍、海軍が仕様を決め、それに対して小山たち技術者が出した回答が中島飛行機製の戦闘機であり、爆撃機だった。
だが、大戦末期に開発を始めたある1機だけは知久平が主唱したものだ。実際に空を飛ぶことはなかったが、知久平が「これを作る」と声を上げたもので、コードネームは「Z機」。のちに富嶽と名付けられた超大型戦略爆撃機である。
日本軍がガダルカナル島から撤退し、イタリアが連合軍に無条件降伏した1943年、知久平は『必勝戦策』と題した論文を執筆し、東条英機首相と軍の幹部たちに献策した。
■アメリカ本土を爆撃、ドイツ経由で戻る壮大な計画
『必勝戦策』の趣旨は次のようなものである。

あわせて読みたい

気になるキーワード

プレジデントオンラインの記事をもっと見る 2019年8月15日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レクサス」のニュース

次に読みたい関連記事「レクサス」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。