経営破綻の体験から学んだ「企業再生の鉄則」

経営破綻の体験から学んだ「企業再生の鉄則」
ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」をはじめ、「天丼てんや」「リッチモンドホテル」などを展開するロイヤルホールディングスは、リーマンショック後に業績が低迷していたが、その後業績を回復し、いまは堅調な経営が続いている。長期的視点でグループ事業を展開する戦略に転換したからだ。それを主導してきたのが菊地唯夫会長である。経営改革をどう進めてきたのか、菊地会長に話を聞いた。2回にわたって掲載する。
■なぜ持続的成長を目指すのか
——ロイヤルホールディングス(以下ロイヤルHD)の歩みと事業内容について教えてください。
【菊地】ロイヤルは1951年に福岡で機内食搭載と喫茶営業で創業し、ファミリーレストランの「ロイヤルホスト」を中心に外食事業を展開してきて、私が入社した翌年の2005年にホールディングス制に移行しました。現在、ロイヤルHDは、4つの事業を柱に展開しています。第1がファミリーレストラン「ロイヤルホスト」「天丼てんや」などの外食事業、第2が空港ターミナルビルや病院などの飲食・物販施設の展開を受託するコントラクト事業、第3が機内食事業、そして第4がホテル事業です。
——ロイヤルHDの事業展開において、菊地会長が心がけていること、基本方針としていることは何ですか?
【菊地】現代の経営戦略において最も大切なのは、サスティナビリティ(持続的成長)だと思っています。今後日本は、人口が大幅に減少する時代に本格突入しますから、市場が縮小しても持続的に成長できるビジネスモデルをつくっていかなければなりません。また、ファイナンスの教科書には「

あわせて読みたい

プレジデントオンラインの記事をもっと見る 2019年10月9日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら