偏差値50台から4カ月で早大法に受かる勉強法

偏差値50台から4カ月で早大法に受かる勉強法
大学受験では「赤本」や「黒本」「青本」を使った過去問対策が重要だ。ただし、勉強法にはコツがある。大手予備校講師の小池陽慈氏は「自分の理解力を把握せず、不安解消のために過去問を解きまくってもダメ。その前に5つのポイントを知っておいたほうがいい」という――。
■「過去問に逃げて」いる受験生はほぼほぼ落ちる
大学受験の本番まで、残すところあと4カ月弱。それまでにどれくらい自分の実力を高められるかにより、泣くか笑うか決まることになります。長年、予備校講師を務めてきて残念に思うのは、その「実力の高め方」を間違えて泣いてしまう受験生がいることです。
そのカギは、赤本・黒本・青本などに代表される各大学の「過去問」の扱い方です。
自分の志望する大学・学部が、どうような形式・内容で出題するのか。それを知ることは、合格を勝ち取るために必要不可欠なプロセスでしょう。まさに「彼を知り己を知れば百戦あやうからず」。〈彼=志望校の問題の形式、内容〉を知ることができるほぼ唯一の手段が「過去問」なのです。
■偏差値55でも早稲田の法学部や商学部に大逆転合格できた理由
シンプルに言えば、秋から受験直前に伸びる受験生=過去問対策を怠らない受験生といえます。反対に、伸びない受験生=過去問対策をないがしろにする受験生です。
私大文系の予備校生で秋の段階で総合偏差値(英・国・社)が55程度であっても、早稲田大学法学部(偏差値67.5)や商学部(偏差値70.0)に大逆転合格を決める人たちが毎年います。彼らの多くは「相当に過去問をやりこんでいた」と言います。

あわせて読みたい

プレジデントオンラインの記事をもっと見る 2019年10月11日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら