全国最年少の30代知事がつくる「新しい北海道」

全国最年少の30代知事がつくる「新しい北海道」
2019年4月の北海道知事選挙。圧勝したのは、全国最年少で唯一の30代知事となる鈴木直道氏だった。鈴木知事は、財政破綻して再生団体となった夕張市で2期8年、市長を務めた。市長として打ち出したのは、人口減少を前提とした都市計画。人口増を目指すことが当たり前の世界で、この計画は一種のタブーだった。慣例を打ち破って市の借金返済に道筋をつけた手腕で、北海道をどう変えるのか。ジャーナリスト田原総一朗が切り込む――。
■なぜ東京都職員が夕張市長に?
【田原】北海道知事選、圧勝でしたね。どうして圧勝できたんだろう?
【鈴木】ありがとうございます。理由はよくわからないんです。私は道産子ではなく、26歳のときに単身で夕張に来ました。それから12年しか経っていないのですが、見てくれていた人がいたのかもしれません。今回の選挙戦では、北海道179市町村のうち165市町村を回り、約5万人の方と会いました。その中で、「夕張のころから応援しているよ」と声をかけてくださる方はけっこういました。
【田原】鈴木さんは夕張市長を2期8年務めた。3期目をやる選択肢もあったと思うけど、どうして知事になろうとしたのですか?
■借金ゼロになる見通しが立ちました
【鈴木】じつは支援者たちは「3期目に出れば」と言ってくれていたんです。ご存じのとおり、夕張は借金で大変でしたが、私の2期8年で再生計画を抜本的に見直して、2026年に借金ゼロになる見通しが立ちました。それに合わせて、減らしていた市長の給料と退職金も3期目からは元に戻す予定でした。だから支援者も「2期も年収250万円でやってきたのだから、3期目に出て、ちゃんともらえば」と。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 田原総一朗 不適切
  2. 田原総一朗 安倍晋三
プレジデントオンラインの記事をもっと見る 2019年11月26日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「田原総一朗 + 安倍晋三」のおすすめ記事

「田原総一朗 + 安倍晋三」のおすすめ記事をもっと見る

「田原総一朗 + 不適切」のおすすめ記事

「田原総一朗 + 不適切」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「池上彰」のニュース

次に読みたい関連記事「池上彰」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。