「どれだけワクチンが広がっても『まだ油断するな』」これで日本の経済が回復するはずがない

「どれだけワクチンが広がっても『まだ油断するな』」これで日本の経済が回復するはずがない
拡大する(全4枚)
新型コロナワクチンの2回接種を終えた人の割合が全国民の5割に達した。みずほ銀行チーフマーケット・エコノミストの唐鎌大輔さんは「接種率は欧米並みになったが、経済状況は後れをとっている。ワクチン接種という手段が目的にすり替わっている」という――。
■高いワクチン接種率を台無しにする「手段の目的化」
9月10日、日本におけるワクチンの部分接種率(1回以上接種した人の割合)が米国に並んだことが大きく報じられている。また、日次の100人当たり接種回数に至っては現在世界最速に至っている(9月9日時点で0.95回/日)。
河野太郎ワクチン担当大臣が「自治体、医療関係者に頑張ってスピードアップしていただき、米国に肩を並べるようになった」と述べるように、現場力の賜物である。しかし、周知の通り、経済・金融情勢に関する日米格差は縮まるどころから拡がっている。
二言目には「緩み」を理由に経済の活力を奪おうとする日本の防疫政策を見る限り、今後明らかになる7~9月期、10~12月期の成長率でも「突き進む欧米、置き去りの日本」という構図に大きな変化はないだろう。
年初来の展開を見れば分かるように、欧米では「高いワクチン接種率」という手段をもって「経済を回す」という目的が達成されているのに対し、日本は「高いワクチン接種率」という手段が目的化しており、相変わらず経済については自粛三昧にふけっている。
日本のワクチン接種率が米国のそれを追い抜いた今でも、この「手段の目的化」という根本的な問題は全く解決されていない。これは戦略の欠如とも言い換えられる。

この記事の画像

「「どれだけワクチンが広がっても『まだ油断するな』」これで日本の経済が回復するはずがない」の画像1 「「どれだけワクチンが広がっても『まだ油断するな』」これで日本の経済が回復するはずがない」の画像2 「「どれだけワクチンが広がっても『まだ油断するな』」これで日本の経済が回復するはずがない」の画像3 「「どれだけワクチンが広がっても『まだ油断するな』」これで日本の経済が回復するはずがない」の画像4

あわせて読みたい

プレジデントオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「新型コロナ」に関する記事

「新型コロナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新型コロナ」の記事

次に読みたい「新型コロナ」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク