家計簿アプリを見て唖然…お金が貯まらない人と50代で1億円貯めた人の決定的な違い

家計簿アプリを見て唖然…お金が貯まらない人と50代で1億円貯めた人の決定的な違い
拡大する(全2枚)
お金が貯まらない人と貯まる人の違いは何か。経済コラムニストの大江英樹さんは「私は最近、50代までに1億円以上の資産をつくった人たちに取材しました。共通することは、誰も“節約をしていない”ということです」という。では彼らはなぜお金を貯めることができたのか――。
■高収入の人が必ずしも資産家ではない
資産形成やお金を増やすための方法として、多くの人は収入を上げることだけを一生懸命考えようとする傾向があります。確かに収入が増えることはとても喜ばしいことですが、実はそれ以上に重要なのは支出を見直して無駄をなくすことです。
今から20年ぐらい前にアメリカで出版された『となりの億万長者』という本に非常に印象的な言葉が載っています。それは「高収入の人が必ずしも資産家ではない」ということです。確かにいくら収入が多くてもそれ以上に支出が多ければお金は残りませんから、収入を増やすこと以上に支出をコントロールすることが重要なのは当然です。
■節約ではなく“無駄な支出”をなくそう
ただ、支出をコントロールするというと、すぐに「節約」という発想が出てきますが、私は必ずしも節約をすることが良いとは思いません。なぜなら節約というのは自分の好きなことをしたり、欲しいものを買ったりすることも我慢するということになるからです。人生は楽しむためにあるのですから、やたら節約して自分のやりたいことを我慢するというのはストレスがたまります。したがって節約ではなく、“無駄な支出”を無くすことの方が大事なのです。

この記事の画像

「家計簿アプリを見て唖然…お金が貯まらない人と50代で1億円貯めた人の決定的な違い」の画像1 「家計簿アプリを見て唖然…お金が貯まらない人と50代で1億円貯めた人の決定的な違い」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

プレジデントオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク