[鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.10 動画と映像が分岐した2019年、BMPCC 4Kの存在意義を考える

[鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.10 動画と映像が分岐した2019年、BMPCC 4Kの存在意義を考える
txt:鈴木佑介 構成:編集部2018年秋のBlackmagic Pocket Cinema Camera 4K(以下:BMPCC 4K/ポケシネ4K)の発売から約4ヶ月が経とうとしている。

ご存知の通り、DCI 4K 60p/12bitのRAW動画が撮れる約15万円のシネマカメラという事もあり世界中でかなりの数が売れているらしい。日本でも未だに品薄状態が続いている。発売から昨年末にかけて着実に全国の皆様の手元に届いているようで、「入手した!」と喜びの声がSNS上などで耳にする事が増えてきたと共に動画制作人口が予想以上に増えてきた事を実感する。

様々なメディアを介してのレビュー記事やレビュー動画もひと段落、「話題のポケシネ4K」を手にした「ビデオグラファー」達からその後に聞こえてくるのは歓喜かため息か、得たのは希望なのか絶望なのか。

以前の記事でお伝えしたように運良く初期ロットを手にした筆者がBMPCC 4Kと共に歩んだこの数ヶ月の感想と2019年を過ごすにあたっての所見をお伝えしたいと思う(いつもより 私見たっぷりなのはご了承いただきたい)。


1.「映像表現」のためのBMPCC 4K現在、2台目のBMPCC 4Kを導入し、様々な現場で活用している映像業界の中で段々と浸透し、共通言語化されてきた「テイク」する映像と「メイク」する映像。という言葉。

以前から言っている事だが、映像制作は「テイク」と「メイク」の大きく2種類だと筆者は考えている。「テイク」は結婚式やイベントなど、流れを止められない状況を素敵にかっこよく「撮り切る」撮影(従来からある記録映像なども大枠こちらの類だが、それとは趣が異なる)。一方「メイク」はCFや映画などゼロベースから己のイメージを具現化して「作り出す」撮影だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

PRONEWSの記事をもっと見る 2019年1月25日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。