[岡英史のNewFinder]Vol.83 放送芸術学院専門学校を訪ねて~現場を考える授業

[岡英史のNewFinder]Vol.83 放送芸術学院専門学校を訪ねて~現場を考える授業
txt:岡英史 構成:編集部
未来の技術者達映像業界はどの分野においてもいつも人材不足で、若い人材が本当にいない。パワーのある若年層が少なく、現場の第一線は年配者が多いという事だ。技術的な事や、何かトラブルがあった時の対応の多さ=引き出しの多さという意味では悪い事ではない。逆に現場の空気を覚えるのに10~20年かかるのが当たり前で、その域になるまでは軽い口など叩けない。

ここ10年間海外の展示会を行くことでそのガラパゴス具合を非常に感じる事が多かった。特に中国北京で開催されているBIRTVの来場者はほとんど20代後半~30代前半の方が多くそのパワーも凄い。

ではなぜ若い世代が定着しないのか?3Kと言われているが筆者的にはスタートラインに並ぶ以前に問題があるのでは?と思っている。自分の娘が某芸大で映像学科卒ではあるが、授業内容があまりにも机上の空論に近く、今の現場にマッチしてない授業に思えたぐらい(これは私感ではあるが)で、さすがにこれは無しなんじゃないかと疑問を思っていた。

その他にも、放送系の専門学校は都内にも数多くあり、筆者の仲間も卒業生として業界の第一線を頑張ってる仲間もたくさんいる。その方々に母校の話を聞くと首を捻るばかり。やはり時代にマッチしてない事柄を教えている気がする。つまり最新の機材や技術を教えなければならない学校(講師)が現役を引退して古い情報を教えてるからなのでは?それでは何も知らない業界の入り口にも立ってない若い層にはその先の面白さや達成感はわかるはずもない。結果映像業界はつまらないという図式になっているのかもしれない。

あわせて読みたい

PRONEWSの記事をもっと見る 2019年9月30日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら