[映像クリエイターが知るべき録音術]Vol.01 一手間かければ、音はもっと良くなる

[映像クリエイターが知るべき録音術]Vol.01 一手間かければ、音はもっと良くなる
拡大する(全5枚)
txt:渡辺健一 イラスト:渡辺あやね 構成:編集部
第1回 あなたの音はもっと良くなるカメラに付けたマイクでいい音を録るのは難しい。録音のプロは、カメラマイクは限られた用途でしか使わないのだ突然ですが、最高の音で映像制作していますか?

え?何が最高なのかよく分からない。

確かにそうかもしれない。

テレビの撮影現場でも「-12dBくらいになっていれば音は大丈夫」なんていう感じだ。もちろん、編集時になって「音が悪いなぁ」というようなこともよくある話。また、自治体などのPR動画を映像クリエイターが作ったけど、音が悪くてやり直しなどということもよく耳にする。

もちろんプロの録音部(音声マン)を雇えばそんなことはないのだが、カメラマンやディレクターがワンマンオペレーションで撮影することが当たり前になってきている現在、音のクオリティーアップは必須の課題なのである。

そこで、映像クリエイター向けの録音講座を連載でやってみたい。


音で失敗したことは誰にでもあるはず映像クリエイターにとって音は不可解であろう。メーターがピンピンと動いていて安定しない。何を目安にボリュームを決めればいいのか、さっぱり分からない。

俗に「レベルオーバーにならなければいい」などと言われるが、編集時になって、声が不明瞭だったり、レベルが低すぎたり、声が大きくなったり小さくなったり。結局、映像編集よりも音の処理に時間がかかってしまったという人も多いのではないか。

この記事の画像

「[映像クリエイターが知るべき録音術]Vol.01 一手間かければ、音はもっと良くなる」の画像1 「[映像クリエイターが知るべき録音術]Vol.01 一手間かければ、音はもっと良くなる」の画像2 「[映像クリエイターが知るべき録音術]Vol.01 一手間かければ、音はもっと良くなる」の画像3 「[映像クリエイターが知るべき録音術]Vol.01 一手間かければ、音はもっと良くなる」の画像4
「[映像クリエイターが知るべき録音術]Vol.01 一手間かければ、音はもっと良くなる」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PRONEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク