Vol.14 ノイズ処理・音のゴミを消せ[映像クリエイターが知るべき録音術]

Vol.14 ノイズ処理・音のゴミを消せ[映像クリエイターが知るべき録音術]
拡大する(全6枚)
前回は、エアコンなど定常的な背景ノイズをノイズ除去フィルターで消す方法を紹介した。今回は、不必要な突発的なノイズ、例えばマイクが何かにぶつかった音やカラスの鳴き声の消し方を解説しよう。

音もレタッチできる写真では不必要なゴミをレタッチで消すことができるが、音も同じように不必要な音のゴミを消すことができる。そのために、音の編集アプリが必要になる。今回は、AdobeのAuditionを使って音のゴミを除去する過程を紹介することにしよう。

まず、Auditionについて簡単に説明しておくと、Adobeのマルチメディア関連のアプリの1つであり、音に特化した音編集アプリだ。俗にDAWと呼ばれるものである。他社ではAvidのPro Toolsが有名だが、AuditionはPremiereからダイレクトに呼び出すことができ、Premiereでは解決できない音の処理をAuditionで修正し、そのままPremiereのタイムタインで受け取ることができる。つまり、Auditionは、Premiereのプラグインの進化版のような動作もしてくれる。

音の仕事をする場合、Auditionに動画ファイルを読み込んで、音だけを加工修正している。また、PremiereのプロジェクトをそのままAuditionで読み込むことができて、Auditionで整音やノイズ除去を施し、それをそのまま映像編集を行う技術者へ戻している。

この記事の画像

「Vol.14 ノイズ処理・音のゴミを消せ[映像クリエイターが知るべき録音術]」の画像1 「Vol.14 ノイズ処理・音のゴミを消せ[映像クリエイターが知るべき録音術]」の画像2 「Vol.14 ノイズ処理・音のゴミを消せ[映像クリエイターが知るべき録音術]」の画像3 「Vol.14 ノイズ処理・音のゴミを消せ[映像クリエイターが知るべき録音術]」の画像4
「Vol.14 ノイズ処理・音のゴミを消せ[映像クリエイターが知るべき録音術]」の画像5 「Vol.14 ノイズ処理・音のゴミを消せ[映像クリエイターが知るべき録音術]」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PRONEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク